八戸酒類株式会社

メニュー

八鶴工場
txt_8tsuru_1
txt_8tsuru_2

受賞年

全国新酒鑑評会

平成18年(17酒造年度)
金賞
平成25年(24酒造年度)
金賞
平成27年(26酒造年度)
金賞
令和元年(30酒造年度)
入賞

南部杜氏自醸酒鑑評会

平成24年
優等賞通算45回
感謝状
平成24年(23酒造年度)
優等賞
平成25年(24酒造年度)
優等賞
平成26年(25酒造年度)
優等賞
平成27年(26酒造年度)
優等賞
平成28年(27酒造年度)
優等賞
令和元年(30酒造年度)
3部門・優等賞
令和2年(令和1酒造年度)
純米酒の部 優等賞

IWC

平成25年(24酒造年度)
BRONZE MEDAL
(華想い純米大吟醸)
平成26年(25酒造年度)
BRONZE MEDAL
(純米吟醸)

青森県産清酒鑑評会

平成27年(26酒造年度)
吟醸酒の部
優等賞
令和2年(令和1酒造年度)
純米酒の部
優等賞第三席

全国燗酒コンテスト 2018

令和3年(令和1酒造年度)
お値打ち熱燗部門
金賞(都こんぶに合う日本酒)

環境

環境
青森県の太平洋側に位置する八戸市は北東北にありながら降雪量が少なく乾燥し晴天が多い気候のため大変酒造りに適した環境であります。空気が乾燥していると、外硬内軟な蒸米や、よく破精込んだ麹が作りやすいためです。また醸造期間である冬の気温は非常に低く、寒造りに適した条件を備えております。 蔵内設備として大型プレハブ型冷蔵庫を導入し上槽後の酒の貯蔵を行いお客様の手元に届くまで大切に保管しております。
また八鶴蔵は協会10号酵母の発祥蔵とも言われており、香り高い吟醸酒造りに適しています。

造り

造りイメージ
27酒造年度より従来の蔵人体制から南部杜氏として経験を積んだ上井裕文を筆頭に社員による酒造り体制に移行し、今までの伝統を受け継ぎつつも、新たな酒造りにも果敢に挑戦していきます。
仕込み水には地下百メートルから汲み上げた清冽な自然水、ミネラルが多く発酵力が旺盛な中等度の軟水を使用。原料米は青森県の酒造好適米「華想い」「華吹雪」をはじめとする津軽、南部の豊富な良質米を中心に使用しています。
南部流儀の伝統技法と五感で醸す手造りの「八戸のうまし酒」です。
img_factory_8tsuru_info

八戸酒類株式会社 八鶴工場

青森県八戸市大字八日町1番地
TEL 0178-43-0010
FAX 0178-43-0313

ページトップ